アラフィフ婚活記~48歳から婚活を始めたお話し~

48歳で婚活を始めたアラフィフこじらせ男のリアルな婚活記録のブログです。

少しずつ再開します&内見

明けましておめでとうございます。

新年を迎えたから気が変わった訳でもないですが、前よりも緩いペースで少しずつ再開しようと思います。

 

大晦日は実家で食卓を囲んだあと、彼女の家に行って2人で新年を迎えました。

元日は彼女も実家で過ごして、2日の日は彼女がウチに来ました。

3日は彼女が風邪で体調不良。自分は夕飯食べ過ぎたのでジョギングがてら彼女の家まで走って行ってみました。8.5㎞くらいだったので意外と近かった。(当方、これでもトライアスロンやってるのでこれくらは近い範疇です)

 

レンジでチンするパックご飯を買って、多分薬飲んで寝てるハズなので玄関のドアノブに括り付けて帰るつもりでしたが、「ドアノブに掛けたから後で回収して」ってLINE だけしといたら5分後くらいに電話が来て、「会いたい」と言うのでUターン。

金曜ロードショーの「マスカレードホテル」を見ながら(自分は映画館で観ましたが)他愛のない話をして、自分は朝5時過ぎに始発電車で帰りました。(走って帰るには超絶寒かったので)

 

4日は引き続き体調が悪いとのことで電話だけ。

 

昨日5日は新築の建売物件を2軒、内見してきました。

1軒目は予算ギリギリだけど内外装から建具までオシャレで彼女もたいそう気に入ってましたが、いかんせん高い。(頑張れば買えなくもないけど老後の蓄え出来るか?ってレベル)

2軒目は1軒目に比べると至ってオーソドックス。良く言えばシンプル、悪く言えば凡庸。

ただ、立地条件や駅へのアクセスは2軒目の方が良くて価格的にも十分余裕を持った支払を出来そうなレベル。

2軒目の不動産屋さんも、「あちらのお洒落さは県内のハウスメーカーの中では随一なのでとても良い選択だと思いますよ。気に入られたのならそちらでも良いと思います。

ウチは立地条件や耐震設計には自信がありますが、家の使いやすさは奥様になられる方を最優先に考えた方が良いと思います。男なんて雨風凌げれば良いと思ってる人が大半ですし、家の使いやすさなんてわからないですよ。旦那さんもそんな感じですよね?

住宅選びで男が変な拘りを見せると大抵失敗しますよ。」と鋭いところを突かれました(笑)

 

実際その通りなんですよね。なので、自分としては予算の範囲内であれば彼女の希望を可能な限り尊重したいと思ってます。

とは言え、最終的に決めるのは自分です。後で不満が出た時に「あの時、こっちが良いって言ったじゃん」て言うのは彼女に責任を押し付けることになるのでそんな事は出来ません。自分の買い物の責任は自分で取らなきゃダメです。

 

今日帰ったらまた相談しますが、おそらくは2軒目の物件で決めることになるような予感があります。

今まで別のエリアも含め7~8軒見てみましたが、昨日の2軒目が平凡ながらも一番コスパが高いような気がします。

昨日の1軒目は確かにお洒落だけど、2軒目と価格で1000万違うので、付加価値としてそこまでの違いがあるか?と言うとちょっと微妙なんです。

まぁそれでも1軒目が良い!と言ったらそっちを選ぶつもりですけど、昨日の帰りの車の中でも「1軒目の家でカツカツの生活をするより、2軒目にして家の前にベンツかBMWかアウディが停まってる方が上がるかなぁ」なんて言ってたので(笑)

あ、もちろん中古ですよ、車は。前々から「中古の型落ちでも良いからいずれはベンツかBMWかアウディのSUVに乗りたい。色は白で!」って言ってたので(笑)