アラフィフ婚活記~48歳から婚活を始めたお話し~

48歳で婚活を始めたアラフィフこじらせ男のリアルな婚活記録のブログです。

ヤバい、マジ好き過ぎる

ここ数日、彼女が自分との関係に対して前のめり気味になつてきた事もあって、ヤバいくらいに好き度が上がってしまいました。

出会った時から好きになって、それから右肩上がりで好き度が上がり続けてますが、一昨日を境にクン!↗️と急浮上。

 

だって、今日なんて12時からお昼休みなのを知ってる筈なのにフライングしてくるんですよ?

f:id:konkatsu-hide:20191205185323j:image

こんなんズルいよ😁

こんなLINEされたら一秒でも早く電話したいって思わない方がおかしいでしょ。

もう、12時のチャイムと同時に朝コンビニで買ったウィダーインゼリーとサラダチキンバーをコートのポケットに入れてビルから脱出。

12時2分には電話を掛けて、近くの運河沿いのベンチで電話をしながらお昼ご飯食べました。

 

それからお昼休みが終わる直前までずっとLINE通話でお喋り。

切る時も、もう戻るよ?って言うと「えぇ、寂しいよ。私はあと45分どうやって時間潰せば良いの?」と言うので、「今までのLINEを最初から読み直してオレの優への愛を再確認しててよ😁」と言って電話を切り、席に戻ったのは午後チャイムが鳴ってる最中でした。

 

なんかもう、完全に厨二ですよね、やってる事が。

来年50歳のオッサンなのに🤣

それでも、もうどうにもならないくらい好きを止められなくて、優と1分、1秒でも長く繋がってたいんです。

 

夜も、普段は18時半くらいに上がってるみたいなんですが、18時に「終わったよー」って投げたら数分後には掛かってきました。

「今日の分は終わったし、どうせ残業代も出ないから上がってきちゃった。(・ω<)テヘペロ」って感じ。

でもすぐに誰かから電話が掛かってきたらしく、「電車乗って。後で必ず掛かるから。」と言われ、電車に乗せられました😁 

 

なんとなく、彼女の中で「こじで良いんだ」って自分に言い聞かせる為に、積極的に自分との時間を作ってくれてるようにも思えます。

2人の時間を積み重ねて、もっと好きになろうと努力してくれてると言うか。

でも、例えそうだとしても嬉しいですよね。

それならそれで、この機会を無駄にしない為にも彼女の期待に応えられるよう、頑張ろうと思います。