アラフィフ婚活記~48歳から婚活を始めたお話し~

48歳で婚活を始めたアラフィフこじらせ男のリアルな婚活記録のブログです。

クリスマス②

先日、クリスマスの予約をしたけどどう転ぶかわからないと言う事を書きましたが、

www.around50-konkatsu.info

 

今日、正式に「24日にしよう」と 言われました^^

もし娘夫婦や息子夫婦からお誘いがあっても先約があるからって断るそうです。

当然、クリスマスイブに先約??って事になりますよね。

 

昼休みに1時間電話で話しましたが、娘さんに話すそうです。

「お付き合いしてる人がいる。すぐではないけど再婚も考えてる。お父さんじゃなくてごめんね」って言うって。

電話を通してなのであくまでも話し方や声のトーンの印象でしかないですが、彼女の覚悟みたいなものが感じられました。

 

そもそものキッカケは、自分のことを

「50近くで未婚の人なんて怪しいに決まってるでしょ。男はみんな最初は優しくするの。そんなこと知ってるでしょ?専業主婦でも良い、なんでもOKなんて結婚したら絶対にモラハラ夫になるよ。食わせてやってるんだから口応えするなって。下手したら殺されるよ?バカなこと言ってないで目を覚ましなさい。」

と言った同姓の幼馴染の助言。幼稚園の頃からの付き合いで家族以上と言っても良いくらいの親友だそうです。

うん、正直至極全うなご意見かと思います(苦笑

 

そんな幼馴染の子が次第に彼女と自分の関係を認め始めてきて、「Mちゃん(優の娘さん)に余計な事言わないで良いからね。そりゃ籍を入れる時は黙ってって訳にはいかないだろうけど、Mちゃんももう大人なんだし結婚して子供までいるんだからさ。母親がわざわざ誰と付き合って良いかなんてお伺い立てるんておかしいでしょ。聞かされる方だって良い気分はしないしその場では素直に賛成なんて言う訳ないでしょ。

重く切り出したら向こうも構えちゃうから、何かの折に「その日は彼氏と予定があるから」くらいの感じでどさくさ紛れに言えば良いんだよ。」とアドバイスしたそう(笑)

 

うん、幼馴染の子、なかなかのツワモノ(笑)

でもこれでまた一歩進めるかな?