アラフィフ婚活記~48歳から婚活を始めたお話し~

48歳で婚活を始めたアラフィフこじらせ男のリアルな婚活記録のブログです。

【独り言】初デートで自然に出来るべきこと

・待ち合わせより早くつく

遅刻なんてもっての他

 

・歩く時は自分が車道側

女性を危険に晒しちゃいけません

 

・ドアを開けて先に女性を通す

言わずもがなのレディファースト

 

・少しでも景色が良い側の席に座ってもらう

自分が景色を楽しんでどうする

 

・出来る限り予約する

時間が限られてるのに咳が空くのを待ったり店探しに歩き回るのは時間の無駄

 

・合流した時に軽く知り合い風を装う

妙齢の男女がヨソヨソしくいかにも初対面然とした挨拶をしてると周りからは「あの2人、出会い系か?」と思われますよ。写真や服装で相手に気づいたら小さく手を挙げるとかして面識ある風で。

立ち止まっての挨拶は最低限にして、後は歩きながら。

ただし面識ある風とは言っても馴れ馴れしいのは絶対ダメ。

 

・スマートに支払い

女性がトイレに立った時に支払いましょう。女性も時間見計らってトイレに行ってあげて。

 

・女性に払わせない

「今日は払います」「それは悪いので」はデートの儀式みたいなもんですが、稀になかなか財布を収めてくれない女性もいます。そんな時はニッコリ笑って「初デートで男に恥かかせないでください」って言いましょう。大抵はこれで収めてくれます。ニッコリ笑うのが重要です。

それでも収めない人は、何が何でも男性と対等でありたい面倒くさい人なので、ありがたく半分もらって二度と誘わないようにしましょう。付き合っても多分上手くいかないし。

 

・チケットは予め発券しておく

遊園地や水族館、映画館などチケットがある場所に行く時は予めチケットを発券しておきます。

払ってるところを見せること自体がダサいです。

 

・服装や小物を具体的に褒める

漠然と「その服可愛いですね」と言うより、「バッグと靴の色がお揃いで素敵ですね」と言った方が喜んでくれます。大抵は。例外もいるかもしれませんが。

 

・可愛い相手には可愛いって言う

いいね!を押したと言うことは、少なくとも自分にとっては可愛いハズです。

でもシラフでやると白々しいのでオススメしません。

多分、相手にも「こいつ、キモっ!」って思われます。特に初対面では。

お酒の席で、ある程度お酒が進んできたらジッと相手を見て、「ん?なに?」って聞かれたら「いや、可愛いなと思って」って。これもニコッと笑いながら言いましょう。にんまり笑いながら言うといやらしいだけです。

今まで可愛いと言って喜ばれなかった事はないです。お世辞じゃないです。可愛いから可愛いと言うんです。

昨日もM子さんに言いました。歳上女性がはにかんだ表情で「ありがと❤️」って言うのは最高に萌えました。

ただし相手の酔い具合によっては全く覚えてないってヲチもありますので注意が必要です。

 

 

断っておきますが自分は非モテです。

これらは自然に出来て当たり前の事なので、出来たからと言って加点にはなりません。

特に自分のようなロースペック男子は、出来て赤点からのスタート、出来なければ0点、いやマイナスからのスタートです。

そして、初回できっちりやっておくと相手の女性はそれが基準になるので、次回以降出来ないとどんどん減点されます。

婚活ってのはそれくらい厳しいものなんです。

鋼のメンタルが必要です。