アラフィフ婚活記~48歳から婚活を始めたお話し~

48歳で婚活を始めたアラフィフこじらせ男のリアルな婚活記録のブログです。

【交際中】社交性は生きる為に身につけたスキル

元々自分は人付き合いが苦手だし、初対面の人相手に積極的に話しかけるのも苦手です。

友達をたくさん作りたいとは思っていないし、むしろ面倒なことが増えるだけなのであまり増えて欲しくありません。

 

でも人と話せないかと言ったらそんな事は全くありません。

過去には営業やプリセールスSEなど、お客さんと直に接するフロント業務に携わっていたので、人付き合い云々は言ってられません。

なので、自分の社交性は社会人として生きて行く為に、あくまでも技術として身につけたスキルです。

要するに仕事の為に好きでもない人付き合いをしてきた訳です。

 

先日Y子さんと食事した時に、何かの話しの流れからそんな話題になりました。

そうしたら、Y子さんも「私も同じです!会社の人達は皆良い人達ぼかりだけど仕事だから頑張ってニコニコしてるだけで、チャイムが鳴ったらすぐに自分のシャッター下ろしたいんです。だから仕事終わりに飲みに誘われても子供がいるのを理由に毎回断ってるんです」と堰を切ったようように話しだしました。

 

Y子さん<「パーソナルスペースって言葉あるじゃないですか。」

 

コジ<自分からだいぶ離れた所に結界があるでしょ?😁

一気にそれを踏み越えて来ようとする人がたまにいるんですよね。

そうするともう、閉店ガラガラですよ😁

 

Y子さん<ですよねー

 

なんだ、似た者同士か😁

自分のパーソナルスペースを大事にする人は、相手のパーソナルスペースにズカズカ入って行く事もしません。

だから一緒にいて居心地が良かったのかな。

 

そんなタイプでありながら、「最初はお友達寄りのお付き合いでも良いなら」と会ったその日に交際をOKしてくれたり、帰りに手を繋がせてくれたのは、Y子さんも自分に少なからずシンパシーを感じてくれたのかなぁ?って思います。