アラフィフ婚活記~48歳から婚活を始めたお話し~

48歳で婚活を始めたアラフィフこじらせ男のリアルな婚活記録のブログです。

【独り言】デートで必ず見てるところ

婚活アプリでマッチング成立して食事をする事になった時に必ず見るところがあります。

 

おっp(嘘です‼️

 

それはズバリ、お箸の持ち方です。

別に箸の持ち方が綺麗じゃないからと言って、それだけでナシにする事はないですが、往々にしてその後の会話や振る舞いで「なるほどな」と思う事も少なくありません。

 

何もテレビに出てくるマナーの先生のように完璧な持ち方を求めてる訳じゃないんです。

自分だってそこまで出来ません。

 

でも、人前に出て恥ずかしくない程度の持ち方は、普通は大人になるまでの間に教わるチャンスはいくらでもあったと思うんです。

ご両親だけでなく、学校の先生とか、その人に関わったオトナ達は沢山いたはずなんです。

つまり子供の頃から大人になるまでの間に、家族だけでなく周りの大人達が誰も治してくれなかったって事ですよね。

 

一事が万事

「わずか一つの物事から、他のすべてのことを推し量ることができる。一つの小さな事柄の調子が他のすべての場合に現れる。「彼のやることは一事が万事間が抜けている」(コトバンク)

一事が万事(イチジガバンジ)とは - コトバンク

たかがお箸の持ち方1つ取っても、色々な事が透けて見えてくる事もあると言う事です。

 

2歳下の幼馴染の女の子がいて、今は結婚して実家には住んでませんが、その子は箸を完全に手のひらで握り込むような持ち方を大人になってもしてました。(よくあれでつまめるなと感心しますが)

ご両親が、「食事は楽しくあるべき。好きなように食べれば良い」と言う教えでした。

それ自体は否定しません。

素晴らしい事だと思いますが、その子は結構ワガママに育ちましたね。

ご両親も何かあるとすぐに学校に怒鳴り込むタイプで、今で言うモンスターペアレント。

多分、学校で箸の持ち方を強要されたなんて知ったら間違いなく怒鳴り込んだと思います。

これじゃ先生たちも、教えたくても教えられない。触らぬ神に祟りなしです。

 

つまりそう言うことなんですよ。誰が見ても変だと思うくらい、おかしな箸の持ち方をしてる人って、何かしら理由があって教えてもらえる環境になかった可能性が高いと思うんです。(全てとは言いません)

そう言う人って、果たしてお箸だけなんでしょうか?

 

もちろん、お箸の持ち方が変だからと言って、それ以外は全部しっかりしてる大人の方もいると思います。

でも、お箸の持ち方が極端におかしい人と出会った時に、自分は青信号ではなく黄色信号からのスタートになってしまう事は否定出来ません。

青信号の人なら何気なく通り過ぎるような些細な事でも、黄色信号の人には一言一句、一挙手一投足まで観察してしまう事もあります。

(くどいようですが箸の持ち方だけで一発赤信号にするほど狭い人間じゃないつもりです)

 

今まで婚活アプリで知り合った女性は皆、普通にお箸を使える方ばかりでした。

多少の上手い下手はあっても、それほど変な人はいませんでした。

それまでのメッセージのやり取りで、言葉遣い、礼儀、一般常識と言ったものを見てるから、そこである程度絞られてるって事なんでしょうか。