アラフィフ婚活記~48歳から婚活を始めたお話し~

48歳で婚活を始めたアラフィフこじらせ男のリアルな婚活記録のブログです。

【Omiai】Yさんとの初デート

Yさんと映画(ライオンキング)観て来ました。

映画の前に中華屋さんでブランチして、12時35分からの上映に入りました。

 

まぁ当然行き当たりばったりの訳もなく、昨日の内にネットで買っておいて、今日約束の時間の前に一旦映画館に行って発券機で発見済みな訳ですが😁

 

内容については割愛します。

取り敢えずシンバの子供の頃が超可愛かったとだけ書いときます😁

 

映画のあと、今までのパターンだと女性の方から「今日はありがとうございました」なんですが(TKさんは違ったけど、Yさんが「ファミレスでも行ってお茶しましょうか」と言いました。

もちろん断る訳もなく、近くのジョナサンに移動。

自然な流れで話が進展

ジョナサンで色々な会話を交わし、思い切って「Yさん、実際会ってみて印象変わりませんでしたか?ナシじゃないですか?」と聞いてみたら「もちろんアリですよ」と言われました。

続けて「コジさんはどう思ってますか?」と聞いてきたので、「自分はYさんと付き合えたら良いなと思ってます。付き合いたいです」と直球で答えました。

 

そしたら、「自分は直ぐに燃え上がるタイプではない、暫く付き合ってみて、居心地が良いとか空気感が落ち着くとか感じると、あぁこの人の事好きなのかなって思うタイプです。毎週一回は会うとか毎日朝晩は必ずLINEするとか、そう言う温度感じゃない。それでも良ければ喜んで。」と言ってくれました。

 

マイペースでものんびりでも良い。むしろこんな短期間で好きです、愛してますなんて嘘っぽいでしょう?だから自分も今この場でそんな事は言わない。

でも距離が縮まる努力はしたい。

会える時に会うで良いけど、会った時は最大限仲良くしたい。手を繋いだり腕を組んだりしたい。

呼び方も下の名前で呼び捨てで呼びたい。

そうやって環境が変わってくれば案外気持ちが入りやすくなるもんだよ。

と、手繋ぎ&呼び捨て宣言😁

 

お店を出て駅まで歩く道すがら、「じゃあ早速今日から繋ぐよ。100mくらいしかないけど」とYさんの手を取って恋人繋ぎしたら、苦笑いとも照れ笑いともつかない笑いが出てました😁