アラフィフ婚活記~48歳から婚活を始めたお話し~

48歳で婚活を始めたアラフィフこじらせ男のリアルな婚活記録のブログです。

南の島へ現実逃避

昨日は有給休暇を取って伊豆諸島の一つ、式根島に行ってきました。

f:id:konkatsu-hide:20190803063013j:plain

ここです。

 

個人的に式根島は都心から最も近い楽園だと思っていて、毎年1回は行ってます。

(でも本当の楽園は小笠原諸島の父島。父島も毎年行ってます)

 

竹芝桟橋からジェットフォイルで2時間半なので、少し忙しいですが頑張れば日帰りでも行って帰ってこれます。(大型フェリーだと前の晩の23時に出て朝8時くらいに着きます)

 

ジェットフォイルや大型フェリーが着く野伏港からもっとも近い海水浴場は泊海水浴場。

こんなところです。(拾った画像じゃなく本人撮影)

f:id:konkatsu-hide:20190803063820j:plain

 

でもここはとても小さく、魚影も少ないのでスノーケリングは中ノ浦海水浴場に行きます。

 

スノーケリング中に撮影した写真を何枚かご紹介。

f:id:konkatsu-hide:20190803064527j:plain

f:id:konkatsu-hide:20190803064554j:plain

f:id:konkatsu-hide:20190803064624j:plain

f:id:konkatsu-hide:20190803064646j:plain

 

帰りの船が15時40分なので、14時くらいに切り上げて温泉に行き汗を流してから身支度を整えます。

 

離島はどこもそうですが、島内はアップダウンの連続なので式根島のレンタサイクルは電動アシスト自転車の導入が進んでいて、自転車の移動でも結構楽チン。

 

自転車を返しに行く道すがら、何気なく横目で見た式根島中学校の青々とした芝生が綺麗で記念に一枚。

f:id:konkatsu-hide:20190803065139j:plain

 

都心の学校じゃ「芝生立ち入り禁止」なんてバカなルールがあったりしますが、こうやって芝生の上で走り回れる島の子供たちは幸せですよね。

同じ東京都なのに、都心の学校じゃ味わえない貴重な体験をしていると思います。

 

f:id:konkatsu-hide:20190803065348j:plain

そして帰りの船の時間。

セブンアイランド号の入港です。

 

ちなみに伊豆諸島の内、主要な島をまとめて伊豆七島と言いますが、七つの島は伊豆大島、利島、新島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島で、式根島は入ってません。(二重カルストで有名な青ヶ島も入ってませんが)

式根島は行政区域が新島村なので、新島の一部として数えられてるのかもしれません。

 

竹芝桟橋〜式根島の移動だけで往復5時間、家から竹芝桟橋までの時間も含めるともっとですが、それでいて滞在時間は4時間😄

でも他に観光するでもなく、ひたすら海にいるので4時間もいると結構楽しめます。

湘南や九十九里など、内地の海水浴場に比べると人の数が圧倒的に少なく、それでいて海がとてつもなく綺麗なのですごくオススメの島です。

 

ちなみに伊豆大島はそれほど海が綺麗!って感動するほどでもなく、利島は観光に全く力を入れてないので海水浴場はありません。新島は結構綺麗ですが白砂の海岸で岩礁などがないので魚影は少ないです。どちらかと言うとサーファー向け。

神津島より南は浜辺で遊ぶと言うよりはダイバー向けですね。

 

と言う訳で心身ともにリフレッシュしてきたので、引き続き婚活頑張ります😄